コンテンツへスキップ

ビジネスローンについては消費者金融でも展開しているわけではありますが、総量規制に引っかかるようなことはあるのかといえばそうではありません。

貸金業法については、事業資金という名目で借入をしたものについては総量規制の対象外としているからです。

事業用の資金というのは基本的に多額でありますから、年収の3分の1と考えたりすると資金調達が出来ないケースが多くでてしまうからです。

特に事業をし始めた方ですと、年収がないケースもありますのでより除外しなくてはならないのです。

ですが、個人事業主が、カードローンで外に借金をしているようなときには、審査には影響が出るケースも多いですからそのあたりには十分な注意をしておきましょう。

身内の方や友人、知人などにお金を借りる場合を除いて避けて通れないものとして借入審査があります。もしも、この借入審査に通らなかったというときには当然のことながらお金を借りることはできません。特に金融機関の借入審査というものはとても厳しく、アルバイトやパートといった働き方をしている人の場合、収入が安定していないと判断されてしまうケースも多く、借入審査に落とされてしまうことも珍しくはありません。

ですが、消費者金融のキャッシングならばアルバイトやパートといった働き方をしている人でも安心です。アルバイトやパートでの収入が安定しているのであれば消費者金融のキャッシングでは借入審査に通過することができるからです。

最近銀行カードローンの過剰融資が問題視され、様々な制約が設けられています。例えば昨年まで契約できたはずの専業主婦が、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のカードローンではしれっと契約できないようになっています。そもそも本人に収入のない専業主婦に配偶者に内緒で貸す方に問題があるので、これは致し方ないところです。

大手の銀行カードローンが専業主婦に貸さないなら、他の銀行も横並びで貸さないようになっているのはいかにも日本らしいところであります。しかし専業主婦でもどうしてもお金が必要な時があります。

そこで現在専業主婦がお金を借りられるのは、中小の消費者金融しかありません。中小の消費者金融なら配偶者貸付という特別の制度を利用して、専業主婦に貸し付けている業者もあるのです。

わたしは、キャッシング経験者です。正確には、キャッシング経験者でした。初めてのキャッシングは、よくテレビや雑誌なんかで見かけていた、プロミスさんにお世話になりました。最初は、自動契約機で契約して、カードを作って、借りて返して、とすべて無人対応でやっていました。

そんな中、引っ越しや、最終返済の額の相談など、初めてプロミスさんに電話で対応しなければならなくなりました。しかし、その時も電話でとても親切で丁寧な対応をしてくれました。今のわたしの話をよく聞いてくれました。そして、完済した後の心配事や、カードの取り扱いなど、小さいなんてことない話を本当に親切に答えてもらえて助かりました。プロミスさんを選んでよかったです。

急にお金が必要になった時に限って、給料日まで日数があるという場面が多々あります。必要な時にお金を用意出来る手段を考えておく事が必要です。その一つの手段として考えられるのが消費者金融会社が提供しているキャッシングです。

大手消費者金融会社を中心にキャッシングは、従来に比べて利用がし易いシステムになっています。申込み方法も店舗来店や郵送、自動契約機といった申込み方法以外でも、国内の人々に浸透しているスマートフォンやパソコンを使ったWeb申込みにも対応していますので、いつでも申込みが出来る環境が整ってきています。キャッシングは契約をすれば、限度額までであれば、何回でも提携ATMを通して融資や返済が可能ですので、利用者には申込みから利用まで非常に便利に使えるサービスです。

プロミスやアコムをはじめとするカードローンでは、初回に限り30日間など無利息期間を設けている企業が多くみられます。これはもちろんそのカードローンを利用しやすくなるというメリットがあるのですが、実は若干その内容に違いがあります。

期間自体が短いものもありますし、○万円までという具合に無利息での融資には限度額が設けられているものもあります。これらはわりと契約時にはっきりと記載されていますし大切なことなのでわかると思いますが、一点とてもわかりづらい注意ポイントがあります。

それは無利息期間が開始されるタイミングに関してです。プロミスやジャパネット銀行ですと、借入日から数えて30日間なのですが他のカードローンでは契約日から数えるところがほとんどです。契約して10日後に借りて30日してから返済しようと思ったら利息がついていたということにならないように、借入の際は十分確認する必要があります。

2018年1月より、すべての銀行カードローンの即日融資が停止されているようです。これは2017年に社会問題になった、銀行カードローンの過剰融資問題を受けて全国銀行協会が打ち出した自主規制の一つです。自主規制という名目ですが、金融庁の先手を打って全国銀行協会が打ち出した方針ですから、おそらくすべての銀行がこの自主規制を実施していることに間違いないでしょう。

銀行カードローンは金利が消費者金融カードローンと比べて見てもわかるように低いので魅力はあると思われますが、早く融資を受けたいと言う人は銀行カードローンの審査にはそれなりの時間がかかってしまうと覚悟しなければならないでしょう。審査のスピーディさでは消費者金融が上回ります。

プロミスは、三井住友銀行の支店などに無人カード契約機を全国に設置しており、ここから申込みをする事が出来ますが、その他にもWeb申込みも行えますので、申込みがしやすくなっています。プロミスでは、30日間無利息のサービスを提供しており、条件としては初回利用でメールアドレスを登録して、Web明細を利用するユーザーが対象となっています。

もし、初めてプロミスを利用するのであれば、この30日間無利息サービスを活用する事は効果的であり、ユーザーにとっては返済の負担を軽減させる事が出来ますので、試しにプロミスでのキャッシングを体験するといった使い方をする場合においても良いでしょう。Web明細を利用しておく事が出来るようにしておけば、ユーザーは計画的にお金を使える環境を整えられます。