コンテンツへスキップ

銀行カードローンの過剰融資問題から、全国銀行協会を中心として各銀行が自主規制を発動しています。これによって銀行カードローンの審査は厳しくなり、消費者ローンの総量規制と同じような審査基準になっていくことはほぼ間違いないでしょう。

とすれば利用者にとって銀行カードローンはどのような影響を及ぼすのでしょう。簡単に言えば消費者金融カードローンに顧客が戻るのではないかと考えられます。 銀行カードローンが自主規制をしなければならないようになったのは、銀行カードローンが審査を緩くして、消費者金融の総量規制の隙をついたからです。これが以前のように銀行カードローンの審査が厳しくなるのですから銀行ローンが借りにくくなるのは火を見るより明らかです。

消費者金融のカードローンでも銀行系のカードローンでも、コンビニのATMを利用して借り入れや返済が可能です。

とても便利な方法ですが、コンビニATMでの借り入れには手数料が発生してしまいます。利用回数が多くなるにしたがって、そのたびに手数料が発生するので利息も含めると馬鹿になりません。

そこで、少しでも余分な支払いを減らすためには、カードローン会社の店舗に備え付けられているATMを利用することをお勧めします。もちろん、店舗があまりにも遠く、手数料以上の燃費がかかるようであれば意味はありません。

店舗での借り入れに関しては、手数料が発生しません。

さらに千円単位の借り入れが可能になるうえに、返済の際にも小銭での返済が可能です。わずかな違いと思われるかもしれませんが、日にちの経過とともに大きな違いが生じてきます。

消費者金融のカードローンに申し込みをすると、融資に関する審査が行われます。本人確認や職業など様々な事柄を確認されますが、カードローン会社にとって最も重要なのは収入の有無です。

一般的には利用限度額が50万円以下の場合には、収入証明書の提出は必要ありません。極端な話ではありますが、虚偽の申告をしても審査は通る可能性はありますが、のちのち自分自身の首を絞める結果になりかねないので注意が必要です。ただ、在籍確認は必ず行われるので、無職で審査を通過することは不可能です。

カードローン会社は、収入さえあれば他の事項にはあまり興味を示しません。そのため、身分や雇用形態は審査の段階では重要ではないので、学生であったりアルバイトであっても審査に通過する可能性は十分にあります。

私は、以前、消費者金融アコムの無人取扱所での申し込みと融資を受けたことがあります。その時の事をお話しします。まず、市内に設置してあるアコム無人取扱所へいき、テレビ電話を通じて申し込みをしました。必要事項に記入をしまして、運転免許証の提示をして審査の合否を伺いました。

10分ほど経過すると、画面の向こうからアナウンスで、融資の承認が下りたことを伝えてきました。私の場合、所得証明書の提示の不要の50万円での希望借入額でありました。これに対して、アコム側からの返答は、30万円までの融資ならOKと言うことでありました。希望借入学には及ばないものの、私は、喜んで借入学に対するOKの返事をしました。そして、しばらくすると発行されたカードが出てきました。即日融資と言う事で、その場で30万円の借り入れをして、帰路に着きました。

初めてキャッシングを利用する前に忘れてはならないのが消費者金融業者の比較です。キャッシングに申し込みをする前にあらかじめ消費者金融業者について自分なりの情報を集め、そのうえで業者を比較することでよりキャッシングを便利に利用することができるからです。

たとえば、消費者金融業者の数はたくさんありますが、全国的な規模の業者もあれば地域が限定されている小規模の業者もあります。特に全国的な規模の消費者金融の場合にはキャッシングの利用者向けのサービスとしてさまざまな特典が用意されています。それらの特典の中には無利息期間もあり、そのような特典を上手に活用すればよりキャッシングを便利に利用することができます。初めてキャッシングを利用する前には消費者金融の業者を比較して自分に最適な業者を選ぶようにしましょう。

キャッシングをするときは時と場所を選びませんので、いろいろな状況で利用できると助かります。それを実現しているのが大手消費者金融のアイフルです。申し込み方法が実に多彩で、どこにいても申し込みの窓口があるので安心です。

例えば外出先で急にお金が必要になった時や、仕事で外回りをしていて外出先で立ち寄りたい時には店舗もありますし、アイフルのATMや自動契約コーナーも数多くあります。店舗かATMを使えばその場で申し込めて審査から融資まで済んでしまうので手っ取り早い方法ですし、質問もできるので安心です。

自宅で済ませたいときには電話申し込みやネットも使えます。ネットでは24時間申し込みができますし、昼間の早い時間であれば即日融資までできるので急いでいるときにも便利です。ネットでは不安、相談しながらがいいという方には電話もあります。いろいろなアクセス方法を用意しているので、自分の生活スタイルに合わせて無理なく、時間も手間も省いた方法で申し込みができます。

キャッシングを利用していて、利用限度額いっぱいまで借りているけれど、更に借りる必要が出てきたような時は、増額申込みをして限度額を増やしてもらうことができます。

増額申込みでは、再度審査が行われます。その際に最も重視されるのが、これまでのキャッシング利用で延滞の履歴がないかということです。増額申込みでは、消費者金融にどれだけ信用されているかがポイントとなります。直近での延滞があれば、審査に通るのは難しくなります。

他の消費者金融に新規で申し込むという方法もありますが、複数の金融機関を利用すると、借入金の総額がわからなくなったり、返済日を間違えて余分な利息を支払うことになったり、という可能性が高くなります。まず、現在利用している金融会社への増額申込みを考えた方がよいでしょう。