コンテンツへスキップ

全国各地の色んな地域にキャッシングの自動契約機が存在しています。初めて利用を検討している方は、不安を感じるかもしれませんが基本的にプライバシー対策がされているので、安心して利用することが可能です。すでに多くの人がキャッシングの自動契約機を利用しており、融資を受けることに成功しています。

快適な空間が保たれているので、手続きや審査結果を聞くまでのんびりと待つ事ができます。キャッシングの自動契約機を設置している場所によっては、空調管理も完璧で気持ちの良い空間が整えられています。その他にもキャッシングの手続きをする際、何か分からないことがある時は気軽に質問できるように電話が設置されているので、気軽に質問できるのも特徴です。

レイクALSAでは初めての契約者を対象に一定期間金利ゼロで借入ができる無利息キャッシングキャッシングサービスを行っています。同サービスの詳細を確認していきましょう。

対象となるのは同社の利用が初めてであり、無利息期間は初回契約日翌日から適用開始となります。気になる無利息期間については、

①5万円までの借り入れが180日間

②金額に関係なく30日間(2018年9月3日から2018年11月30日の間に契約するとキャンペーンが適用され60日間無利息になる)

のいずれかから選ぶことができます。

どちらの無利息期間を選んだほうがお得になるのかについて早見表がレイクALSAの公式サイトに掲載されているので利用する際に参考にすると良いでしょう。

金融機関などで借り入れを行なった際には一時的に現金などお金を手にすることができますが、あくまで借りているお金であるため返済しなくてはなりません。

また借り入れ期間中は金額に応じた利息も発生し、利息は日割り計算になるため1日ごとに加算されていきます。

1日の加算額はごく少額ですが、決してタダではないということに注意しましょう。

消費者金融などを利用する場合には初回利用時に無利息期間が利用できるところもあるので、期間中に返済を完了させることで利息をかけずにキャッシングができる場合もあります。

ただしコンビニATMなどを利用する際には手数料が発生することもあるので、頻繁に利用する場合には消費者金融の専用ATMや提携しているATMを使うことで手数料を節約するなどの工夫も大切です。

プロミスでは契約時にまとまった融資を受けて融資金の使いみちは自由という便利な目的ローンの取り扱いがあります。プロミスの目的ローンのメリットと注意点について解説していきます。

・貸付条件

2018年8月28日時点で融資限度額は最高で300万円、実質年率は6.3%16.5%という貸付条件になっています。満20歳以上で毎月安定した収入があればアルバイトやパートでも契約は可能とされています。なお実質年率の上限が同社のフリーキャッシングよりも低い点に特徴があります。

・無利息キャッシングは不可

プロミスの利用が初めての人がフリーキャッシングを契約した場合には最大で30日間の無利息キャッシングサービスを受けることができますが、目的ローンには無利息キャッシングサービスはない点に要注意です。

総量規制は改正貸金業法に定められた、貸出規制ですから法律的には貸金業者に適用され、銀行法が適用される銀行カードローンは総量規制対象外となっています。しかし、銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化してからは、すべての銀行で自主規制が導入されていますから、事実上は銀行カードローンにも総量規制とほぼ同じ規制がかけられているといえます。つまり、すべてのお金の金融業者から借りるということになれば、総量規制の対象になっているのと同じなのです。

このことは多重債務者や収入が低い人は金融業者から総量規制の規制金額以上のお金を借りることは難しくなることを意味しており、別のお金の調達法を考えなければならないということなのです。

プロミスやアコムなど、大手消費者金融でのキャッシングのメリットの一つが、30日間の無利息サービスです。お給料日前のピンチをしのぐ場合など、すぐに返済できるメドが立っている場合は、利息ゼロで借りることができます。

初めてのキャッシングで無利息サービスを利用する場合によくある勘違いが、30日間無利息=30日間返済不要、という思い込みです。

キャッシングでは、借り入れか3週間程度で初回の返済日がやってきます。30日以内に全額返済する予定でも、初回返済日には最低返済金額を入金する必要があります。消費者金融の会員サービスやアプリでは、返済日をメールでお知らせしてくれるサービスがあるので、忘れることのないように設定しておくとよいでしょう。

プロミスではフリーキャッシングと目的ローンというローンの取り扱いがあり、どちらのローンも借りたお金の使いみちは自由とされています。双方のサービスにはどのような違いがあるのかを確認していきましょう。

最も大きな違いは借入の方法と再融資ができるかどうかです。フリーキャッシングは契約後利用限度額の範囲内で利用者は任意のタイミングで任意の金額を借りることができます。また契約期間内であればいつでも再融資を受けることができます。

一方で目的ローンは契約時に一括でお金を借り、以降は返済のみをしていきます。再融資を受ける場合には再度申し込みをして審査をパスする必要があります。なお上限実質年率は目的ローンの方が低くなっています。

提携ATMを利用するために必要となるのが、業者が発行しているカードです。WEBから申し込みをした場合、郵送をして貰うか、自動契約機などに足を運んで受け取る形となります。ただ、家に消費者金融からの郵送物が来ることは困るという人もいれば、契約機などに取りに行く時間がないという人もいるでしょう。そんな場合は、公式スマホアプリを使えばカード無しでATMの利用が可能となるアイフルを選んでおくと良いでしょう。

公式スマホアプリは、カード不要で借入や返済を行うことができるだけでなく、現在の利用状況も一目で確認できるようになっています。そのため、使い過ぎないようにキャッシングを利用したいと考える人にも、アイフルがおすすめです。