コンテンツへスキップ

 お金が足りなくなり、友達なとから飲み会や遊びに誘われた時に困った経験はありませんか。平日ならともかく、休日は銀行の窓口などもお休みです。
いざという時に役に立つのが、消費者金融のキォッシングです。

 大きなメリットは、土曜日や日曜日などでも、お金を借り入れできるのです。しかも、借りたい日当日に資金が調達できるため、大変助かる存在です。
 消費者金融は、土曜日などの休日も営業しているため、即日中に融資が可能なのです。その役割の大きな存在は、自動契約機とWEB申し込みにあります。

 まず、始めに、自宅なとで消費者金融のホームページへアクセスしてから、申込画面から手続きを始めます。その時に住所や職業そして年収などの属性を入力し、仮審査に通れば、ほぼ融資が可能になります。

 その後は、自動契約機に出向いて、免許証などの身分証明書を提示し在籍確認が済んで本審査に通れば、お借入ができます。ちなみに、収入証明証か必要になるケースは、主として50万円以上の借り入れを希望する場合などのみなので、少額のお借りの場合は必要がありません。

 借り入の手続きに必要な時間は、約1時間もあればできますので、急な用事が入った場合でも安心です。出来れば、家族バレ防止のため、仮審査通過後の手続きは、自動契約機で行えば、契約書類やカードをその場で受け取りが可能です。よって、返済に遅れなければ、郵送物などが自宅へ届く心配がなくなりますので、誰にも知られずにキャッシングができるようになりますよ。
 

カードローンとキャッシングは、どちらも個人向けのフリーローンです。法人が利用することもありますが、比較的少額のお金を気軽に借り入れできることから、利用者の多くが個人となっているのです。

しかもカードローンの場合は、決められている利用限度額を、小分けに借り入れすることが可能です。たとえば今日は3万円、明日は5万円といった具合で、利用限度額の枠内でなら、好きな金額を選択できるのです。
しかもATMで利用するので、必然的に手元には現金が入ってきます。そのためカードローンは、お祝い金や香典など、現金が必要という状況では特に便利と言えます。

一方キャッシングは、カードでも利用可能ですが、口座振り込みでも利用可能となっています。希望金額を金融機関に伝えれば、その金額を自分の口座に振り込んでもらえるのです。

このタイプのキャッシングは、口座の残高が少なく、電気料金などの引き落としが行われないといった場合に便利です。利用により、残高不足による滞納を未然に防ぐことができるわけです。もちろん振り込まれたお金を引き出せば、現金として利用することもできます。
このようにカードローンとキャッシングは、状況に合わせて便利に使い分けることができるのです。

初めてのキャッシングだと不安になるのが審査です。キャッシングの審査ではその人に返済能力があるのかどうかを確認します。

まずは信用情報を調べて、今までに返済事故がなかったか、借金があるのかどうかを調べます。キャッシングは年収の1/3までの額しか借りることができませんので、多少借金があっても返済を延滞していないのなら、必要以上に不安になることもありません。キャッシングの申込みの時に現在の借金について記入する欄がありますが、嘘を書いてもすぐにバレてしまいますので正直に書く必要があります。

そして、返済能力の有無を確認するために勤務先への在籍確認が行われます。これはその人が本当にその勤務先に勤めているのかどうか、金融機関名などは伏せて電話で確認を取ります。はっきりとキャッシングのことを勤務先へ告げるようなことはありませんので、それほど心配することはありません。

クレジットカードの作成などでも同様の在籍確認を取りますので、あまり気にすることもありません。ですが絶対にバレたくないのなら、自分の勤務時間内にキャッシングの申込みをしておいて「自分宛に電話がかかってきますから」と社内の人に告げて、在籍確認の電話が来るまでは全て自分が電話を受けるという方法もあります。

銀行ローンで長期的に計画的にお金の融通が効くのです。
やはり消費者金融でお金を融通するのは金利も高く長い年月で返済していくのは大きな金額となってしまいます。

その点、銀行ローンで借りることは金利も低く返済しやすいのではないでしょうか。
しかし消費者金融などはハードルも低いために借りやすいのもメリットでありその反対に銀行では審査も厳しく通りにくいものがあるのも現状です。

多くのローンなどを抱えており消費者金融などで借りている人ならばやはり銀行へと乗り換えることで一本化して長期的に返済計画を立てていくほうが安心ですし利子も低いためにオトクなのです。
このように銀行ローンで返済を考えるほうが良いですし積極的に利用すべきでしょう。

また今では多くの銀行が利用してほしいためにハードルも下がってきています、決め手になるのはやはり収入の安定性だと思われます。

正社員の人ならば大きく審査のハードルが下がりますがアルバイトや派遣などの人も最近では借りやすくなっているので相談してみると良いでしょう。

非正規雇用が多く当たり前の用になってきているために収入がきちんとしていれば利用しやすいのです、毎月の返済さえ守っていれば更に増額も認められることもありますのでやはり信用ですね。

消費者金融のキャッシングと切っても切り離せないワードとして総量規制というものがあります。
これは年収の三分の一以上を借りられない、業者側も貸し出せないというルールなんですが、高額の借入を考えている人以外であればそれほど気にすることでもありません。

例えば年収600万円の人なら総量規制のことも考えると限度額として200万円までは範囲となるわけですが、年収600万円の人に消費者金融側がいきなり限度額の200万円を貸すかというと、なかなかそれはないでしょう。

消費者金融も商売ですし、安定というものを望む傾向があります。
しっかり返済してもらわないと損をするばかりですし、貸す側は審査や経過観察などで厳しくチェックをします。
つまり総量規制なども絡んだ限度額はあるものの、もっと低い額しか貸さないということが殆どだということです。

ちなみに消費者金融側が定める最大利用限度額としては大体500万円を一つの最大ラインとしており、多くても800万円としているところもあるといった感じなので、1000万円以上の借入を利用したいというのであれば、カードローンなど、総量規制対象外の手段を選ばなければなりません。

最初の審査時に設定された利用限度額に変動はないのかというと、そうではありません。
しっかり返済していくなど、消費者金融の信頼を勝ち取っていけば利用限度額のアップを向こうから提示してきます。

利用限度額を少しでも最大に近づけたいのであれば、より大きな額を借りたいのであれば急がば回れという手段が有効なのです。

テレビCMなどでもおなじみの「モビット」は正式名「称株式会社SMBCモビット」という、三井住友グループの銀行系消費者金融会社です。モビットは「銀行系」の消費者金融会社ということでさまざまなメリットがあります。

社名はお金の「Money」のMoと、データ単位の「Bit」という造語で、情報化時代のお金という意味になります。このような社名のため、もちろんスマホアプリ等にも特化しているのも特徴です。モビットのメリットは、まずネット完結でキャッシングをすることができるので、なんと自宅にいながらにして手続きが完了できてしまうということです。

これはちょっと前なら考えられなかったことではないでしょうか。また、融資のスピードも速く、場合によっては即日入金もできるので、急な出費などでお金が足りなくて困っている人にもおすすめのキャッシング会社です。

審査のスピードも速く、提携ATMは全国のコンビニや提携している地方銀行などに13万台以上あるので、いつでも借り入れ・返済をすることができます。最短の振込みはなんと3分というから、驚異的な速さですね。キャッシングを利用するのが初めてという人は、なにかと心配することもあるでしょう。しかしモビットはCMもたくさん流れているし、銀行系の消費者金融なので安心できますね。

非正規雇用のアルバイトやパートといった立場の方は、お金を借りたいというときに弱い立場となってしまうことが多く、審査に落とされてしまうことがしばしばあります。また、審査にかかる時間も非常に長引いてしまうことになります。

特に金融機関の貸付審査は非常に厳しく、正規雇用として働いていないアルバイトやパートの方は非正規雇用だという点があだとなってしまい、審査に落とされてしまうことも珍しくはありません。非正規雇用として働いている方は収入が安定しづらいというのがその理由です。

しかし、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方でもお金を借りられる方法はあります。それは消費者金融のキャッシングです。消費者金融のキャッシングの場合、安定した収入が継続してある方ならば問題なく審査に通ることができるからです。

消費者金融のキャッシングでは安定した収入があれば雇用の形態が審査に結果に影響することはありません。そのため、これまで金融機関に融資を断られた方や審査に落とされてしまうことが不安だという方は、特に審査が厳しいというわけではない消費者金融のキャッシングに申し込むようにしてはいかがでしょうか。消費者金融のキャッシングならばアルバイトやパートとして働いている方でも安心です。