コンテンツへスキップ

アルバイトやパートの人でも、急にお金が必要なことは誰にでも起こります。
そんな時に便利なのが、消費者金融などのキャッシングです。

しかし、キャッシングを利用しようと思う時にアルバイトやパートの人は、審査に通るのかを不安に感じる人もいるかもしれません。
キャッシングは正社員でなくてもアルバイトやパートでも安定した収入があれば利用することが出来ます。

ただし、アルバイトやパートで同じ職場に1年以上勤務してなければ、審査に通らない可能性があります。
しかし、同じ勤務先に1年以上勤めていないと審査に通過が難しいのは、アルバイトやパートだけではなく正社員も同じことです。

アルバイトやパートだけ条件が悪いわけではないのでその点は、安心して申込みが出来ます。
ただし、お金が借りれる上限は正社員の方が多く借りる事が出来ます。

アルバイトやパートがキャッシングを利用する場合には、収入に応じて上限が決まります。

収入に合わせ返済出来る範囲の金額しかキャッシングでは借りることが出来ませんが、アルバイトやパートでも保証人などの必要もなく利用出来るので急にお金が必要な時には助かります。
最近では、コンビニのATMから借入や返済が出来ますから便利です。

カードローンとキャッシングは、どちらも個人向けのフリーローンです。法人が利用することもありますが、比較的少額のお金を気軽に借り入れできることから、利用者の多くが個人となっているのです。

しかもカードローンの場合は、決められている利用限度額を、小分けに借り入れすることが可能です。たとえば今日は3万円、明日は5万円といった具合で、利用限度額の枠内でなら、好きな金額を選択できるのです。
しかもATMで利用するので、必然的に手元には現金が入ってきます。そのためカードローンは、お祝い金や香典など、現金が必要という状況では特に便利と言えます。

一方キャッシングは、カードでも利用可能ですが、口座振り込みでも利用可能となっています。希望金額を金融機関に伝えれば、その金額を自分の口座に振り込んでもらえるのです。

このタイプのキャッシングは、口座の残高が少なく、電気料金などの引き落としが行われないといった場合に便利です。利用により、残高不足による滞納を未然に防ぐことができるわけです。もちろん振り込まれたお金を引き出せば、現金として利用することもできます。
このようにカードローンとキャッシングは、状況に合わせて便利に使い分けることができるのです。

消費者金融のキャッシングと切っても切り離せないワードとして総量規制というものがあります。
これは年収の三分の一以上を借りられない、業者側も貸し出せないというルールなんですが、高額の借入を考えている人以外であればそれほど気にすることでもありません。

例えば年収600万円の人なら総量規制のことも考えると限度額として200万円までは範囲となるわけですが、年収600万円の人に消費者金融側がいきなり限度額の200万円を貸すかというと、なかなかそれはないでしょう。

消費者金融も商売ですし、安定というものを望む傾向があります。
しっかり返済してもらわないと損をするばかりですし、貸す側は審査や経過観察などで厳しくチェックをします。
つまり総量規制なども絡んだ限度額はあるものの、もっと低い額しか貸さないということが殆どだということです。

ちなみに消費者金融側が定める最大利用限度額としては大体500万円を一つの最大ラインとしており、多くても800万円としているところもあるといった感じなので、1000万円以上の借入を利用したいというのであれば、カードローンなど、総量規制対象外の手段を選ばなければなりません。

最初の審査時に設定された利用限度額に変動はないのかというと、そうではありません。
しっかり返済していくなど、消費者金融の信頼を勝ち取っていけば利用限度額のアップを向こうから提示してきます。

利用限度額を少しでも最大に近づけたいのであれば、より大きな額を借りたいのであれば急がば回れという手段が有効なのです。

非正規雇用のアルバイトやパートといった立場の方は、お金を借りたいというときに弱い立場となってしまうことが多く、審査に落とされてしまうことがしばしばあります。また、審査にかかる時間も非常に長引いてしまうことになります。

特に金融機関の貸付審査は非常に厳しく、正規雇用として働いていないアルバイトやパートの方は非正規雇用だという点があだとなってしまい、審査に落とされてしまうことも珍しくはありません。非正規雇用として働いている方は収入が安定しづらいというのがその理由です。

しかし、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方でもお金を借りられる方法はあります。それは消費者金融のキャッシングです。消費者金融のキャッシングの場合、安定した収入が継続してある方ならば問題なく審査に通ることができるからです。

消費者金融のキャッシングでは安定した収入があれば雇用の形態が審査に結果に影響することはありません。そのため、これまで金融機関に融資を断られた方や審査に落とされてしまうことが不安だという方は、特に審査が厳しいというわけではない消費者金融のキャッシングに申し込むようにしてはいかがでしょうか。消費者金融のキャッシングならばアルバイトやパートとして働いている方でも安心です。

アンケートによると、キャッシングを比較する際、最も気にするのは金利である、と答えた人が一番多かったそうです。

長期間で返済する場合は、1%の違いで、支払い利息に数千円の差が出てくることもあるので、金利は重要なポイントです。が、金利と同じくらい注意をしてほしいのが、返済方法の利便性です。

キャッシングでは、お金を借りる時の手続きは1度だけですが、返済は毎月行うものです。返済方法の選択肢がどのくらいあるか、ATMで返済をするなら手数料はかかるのか、手数料無料のATMが近所にあるか、といったことは、金利と同じくらい重要なポイントになってきます。

特に注意をしたいのは、金利は低いけれど、返済方法が口座振替だけに限定されているキャッシングです。支払いを忘れる心配はありませんが、返済期間が長めに設定されていることが多く、利息が嵩むともあるので、前もってトータルの支払利息を確認し、他社と比較してから申込みましょう。

全国各地の色んな地域にキャッシングの自動契約機が存在しています。初めて利用を検討している方は、不安を感じるかもしれませんが基本的にプライバシー対策がされているので、安心して利用することが可能です。すでに多くの人がキャッシングの自動契約機を利用しており、融資を受けることに成功しています。

快適な空間が保たれているので、手続きや審査結果を聞くまでのんびりと待つ事ができます。キャッシングの自動契約機を設置している場所によっては、空調管理も完璧で気持ちの良い空間が整えられています。その他にもキャッシングの手続きをする際、何か分からないことがある時は気軽に質問できるように電話が設置されているので、気軽に質問できるのも特徴です。

金融機関などで借り入れを行なった際には一時的に現金などお金を手にすることができますが、あくまで借りているお金であるため返済しなくてはなりません。

また借り入れ期間中は金額に応じた利息も発生し、利息は日割り計算になるため1日ごとに加算されていきます。

1日の加算額はごく少額ですが、決してタダではないということに注意しましょう。

消費者金融などを利用する場合には初回利用時に無利息期間が利用できるところもあるので、期間中に返済を完了させることで利息をかけずにキャッシングができる場合もあります。

ただしコンビニATMなどを利用する際には手数料が発生することもあるので、頻繁に利用する場合には消費者金融の専用ATMや提携しているATMを使うことで手数料を節約するなどの工夫も大切です。

初めてキャッシングを利用する前に忘れてはならないのが消費者金融業者の比較です。キャッシングに申し込みをする前にあらかじめ消費者金融業者について自分なりの情報を集め、そのうえで業者を比較することでよりキャッシングを便利に利用することができるからです。

たとえば、消費者金融業者の数はたくさんありますが、全国的な規模の業者もあれば地域が限定されている小規模の業者もあります。特に全国的な規模の消費者金融の場合にはキャッシングの利用者向けのサービスとしてさまざまな特典が用意されています。それらの特典の中には無利息期間もあり、そのような特典を上手に活用すればよりキャッシングを便利に利用することができます。初めてキャッシングを利用する前には消費者金融の業者を比較して自分に最適な業者を選ぶようにしましょう。

キャッシングを利用していて、利用限度額いっぱいまで借りているけれど、更に借りる必要が出てきたような時は、増額申込みをして限度額を増やしてもらうことができます。

増額申込みでは、再度審査が行われます。その際に最も重視されるのが、これまでのキャッシング利用で延滞の履歴がないかということです。増額申込みでは、消費者金融にどれだけ信用されているかがポイントとなります。直近での延滞があれば、審査に通るのは難しくなります。

他の消費者金融に新規で申し込むという方法もありますが、複数の金融機関を利用すると、借入金の総額がわからなくなったり、返済日を間違えて余分な利息を支払うことになったり、という可能性が高くなります。まず、現在利用している金融会社への増額申込みを考えた方がよいでしょう。

ビジネスローンについては消費者金融でも展開しているわけではありますが、総量規制に引っかかるようなことはあるのかといえばそうではありません。

貸金業法については、事業資金という名目で借入をしたものについては総量規制の対象外としているからです。

事業用の資金というのは基本的に多額でありますから、年収の3分の1と考えたりすると資金調達が出来ないケースが多くでてしまうからです。

特に事業をし始めた方ですと、年収がないケースもありますのでより除外しなくてはならないのです。

ですが、個人事業主が、カードローンで外に借金をしているようなときには、審査には影響が出るケースも多いですからそのあたりには十分な注意をしておきましょう。

キャッシングは、今どんな人でも一度は利用したことがあるものだと思います。

お給料まであとわずかだけど、あとこれだけでもあればなんとかなる・・・という人や
ショッピング中に、手持ちが無いけどどうしてもこれが欲しい!という人など。

こういった人が多く利用しているのではないかと思います。
もちろん働く主婦で、生活費が足りずに借りる人も居るし私もその一人でもあります。
イザというときには本当に便利なキャッシングですが、殆どが、急いで・今すぐに
借り入れをして使いたいという人が多いため、申し込みをしてすぐに借りれないと意味が無いと思います。

そこで、色々と調べてみると、キャッシングを申し込んですぐに借りれるようになるところがたくさんありました。
殆どが、平日午後2時までに申し込みをするとその日のうちに借りれるというのが多かったのには驚きました。

それだけ本人確認や在籍確認などが、素早く行われるのでしょうね。
提出書類の不備さえなければ、この時間を守れば即日キャッシングが可能とはすごいですね。

これだったら、働いている私でもわざわざ時間をたくさんとらなくても、午後休暇を取って帰宅をして
午後2時までにネットから申し込みをすれば、その日のうちに借り入れが可能になるから私にも利用できます。

私は20代男性、普通のサラリーマンです。
お恥ずかしながらカード会社から借金をしてしまいました。
理由は女性です。女性経験のない私は会社の上司に連れられて初めて女性が接待してくれる夜のお店へ行きました。

もうお気づきのとおりその店の一人の女性に恋をしてしまい、それから週に2~3回、多いときは週に4回足を運んでいました。

通えば通うほど彼女は優しくしてくれるし、他の男性客にとられまいとしていつも指名して酒を飲み、ボトルを入れて深酒しタクシー帰り…。
そんな生活を半年くらい続けてしまいました。

すると蓄えていた貯金はみるみる減り、あっという間に無くなりました。
そしてお金が無くなっても彼女に会いたいがためにカード会社からキャッシングを繰り返し、彼女の店に通いました。

ですが彼女が私に対して気がないことも薄々気が付いていましたが、私ももう意地になっていて自分を止められませんでした。

そしてあっという間に借入額の上限50万円に到達して初めて返済のことを心配し始めました。
そしてだんだん我に返り、彼女の店にも通わなくなりました。

彼女からしてみれば私は太い客だったのでしつこくメールが来ましたがきっぱりやめました。
そして50万円のキャッシングしたお金をいまコツコツと返済しています。

偉く高い授業料を払い、女性の恐ろしさを学びました。
借りたお金は来年には完済できそうですが、もう暫く女性は結構です。

キャッシングは今では非常に多くの方々が利用する時代になってきています。
働いていてきちんと収入のある人だけしか利用できないと思われるかもしれませんが、実は今はそうでもないのです。

かなりキャッシング会社も融通を利かせてくれていて、収入が乏しかったり、全くないという方でも利用できるように配慮がされているのです。
例えば、専業主婦の方などは基本的に専業であれば、収入は0だと思います。

収入がないと、普通に考えたら返済に回すお金がありませんから、利用は絶対に不可能だと思われがちですが、そうでもないのです。
今はこういった方に対しても、多くの会社が対応してくれているので、専業主婦の方でも会社を選べば、お金を借りることはできると思われます。

でも、どうして借りることができるのか?不審に思っている方もいるかもしれませんが、専業主婦の場合ですと、夫の給料があるので、それで返済が可能だからです。

家族全体を夫の給料を使ってやりくりしているので、専業主婦個人では収入はありませんが、家族全体では収入があるので、それを返済に回すことが可能だからです。
そういった理由もあり、今では専業主婦がキャッシングを利用する際のハードルは大分低くなったといえるのです。

消費者金融や銀行でカードローンなどのキャッシングを申し込むと必ず審査が行われます。これは、申し込んだ人は本当にお金を貸しても大丈夫な人であるかという確認をするものです。キャッシングの審査では他の金融機関での借り入れで返済が遅れたりしていないかをチェックします。

他の借り入れで返済が遅れがちだとお金を貸しても返済をしないかもしれないという判断をされるため、審査において不利なります。

また、他の金融機関での借り入れ総額も確認します。すでに大きな金額の借り入れをしていると返済をする余裕がない、または借金を借金で返そうとしているのではないかという判断をされるため、審査に通らない確率が高くなります。借り入れ総額の確認をするときは自動車や住宅のローンは対象にならない場合が多いです。

対象となるのはキャッシングでの借り入れ金額です。消費者金融と銀行が運営しているキャッシングを比較すると若干銀行のキャッシングの方が審査基準が厳しめです。審査が厳しい反面銀行のキャッシングは金利の設定が低めで大きな金額の借り入れをしても利息での返済額の増加が、消費者金融と比べると小さいというメリットがあります。

逆に消費者金融は審査の基準は緩めですが金利の設定が銀行よりも高めになっています。

最近では、即日キャッシングをしてくれる銀行や消費者金融も増えてきました。
しかし、全ての人に対して即日キャッシングができるわけではありません。

即日キャッシングをするためには、ある程度条件が必要なのです。

まずは、申込みをする時間です。
これは、特に銀行のカードローンにおいていえることです。

銀行の営業時間というのは、午前9時から午後3時までですよね。
カードローンの審査なども、主にこの時間帯に行われます。

それならば、午後3時までに申し込めばいいのかと言うと、そうではありません。

様々な手続きなどを考えると、
銀行のカードローンの即日キャッシングは午前中に申し込むといいです。

また、即日キャッシングでは、
あまり審査の時間を長引かせないことも重要となってきます。

そのために意外と重要なことが、限度額の設定です。

誰しも、できるだけ多くの限度額を確保したいと思うことでしょう。
しかし、限度額が多ければ多いほど、審査には慎重にならざるを得ません。

収入を証明する書類を提出すれば、そのチェックもする必要があります。

一方で、限度額が500000円以下と少なければ、
審査は比較的スムーズに行くものです。

最初は限度額を少なく申請して、
それでも足りなくなれば限度額の増額申請をすればいいのです。

カードローン初回利用時に無利息期間が30日あるとかいうのをよく見ていたのですが、これが何の事かイマイチわかっていませんでした。

30日間だけ無利息という事は、30日以内にお金を全額返せば利息はいりませんよという事なのかなと思っていたのですが、他にもメリットがある事を最近知りました。

10万円を借りて、30日以内に10万円全部返せば利息は1円もかかりません。

これが私の思っていたメリットなんですが、この他に10万円借りて30日以内に5万円を返したとしたら、次の月から利息は5万円分しかかからない、7万円返していれば3万円分の利息と、後々の利息に大きく関わるというメリットがあるという事にカードローンを利用してみてから気が付きました。

これはかなりお得だと利用してから気が付くなんて、我ながら自分にガッカリでした。

これは私のように小額の借り入れしかしない人にも、大金を借り入れする人にも有り難いサービスですね。

もうちょっと早く気が付いていれば、毎回初回利用時に無利息期間のあるところを渡り歩いて借りたのになとちょっと後悔です。

借りる額が小さいので利息は本当に大した事ないのですが、少しでも少ない方が嬉しいので、今度からそうしてみようかなと思います。

審査に通ればですが。