コンテンツへスキップ

最近銀行カードローンの過剰融資が問題視され、様々な制約が設けられています。例えば昨年まで契約できたはずの専業主婦が、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のカードローンではしれっと契約できないようになっています。そもそも本人に収入のない専業主婦に配偶者に内緒で貸す方に問題があるので、これは致し方ないところです。

大手の銀行カードローンが専業主婦に貸さないなら、他の銀行も横並びで貸さないようになっているのはいかにも日本らしいところであります。しかし専業主婦でもどうしてもお金が必要な時があります。

そこで現在専業主婦がお金を借りられるのは、中小の消費者金融しかありません。中小の消費者金融なら配偶者貸付という特別の制度を利用して、専業主婦に貸し付けている業者もあるのです。

女性の社会進出が進んでいる現在では、兼業主婦が増えています。そして兼業主婦は、働いて収入を得ているわけですから、キャッシングをすることが可能です。特に正社員として働いている主婦は、キャッシングの審査に通過できる可能性が高いと言えます。またパート主婦も、収入が安定していれば、やはりキャッシングを利用できるのです。

逆に言えば、正社員やパートとして働いていない専業主婦には、キャッシングは困難ということです。特に消費者金融でのキャッシングの場合、総量規制により収入が0円という人は利用できない決まりになっています。そのため専業主婦がキャッシングをする場合、まずは職を探すことが肝心と言えます。

ただし銀行系のキャッシングの場合は、専業主婦でも利用できる可能性があります。夫など、自分を扶養している家族に収入があれば、それを使っての返済が可能とみなされるからです。この場合は、その家族の収入証明書を提出すれば、審査に通過しやすくなります。
中には、家族の収入証明書を提出せずに利用できるという銀行系キャッシングもあります。その分限度額が20~30万円と少なめですが、気軽に利用できることから、お金を必要としている専業主婦から注目されています。