コンテンツへスキップ

学生時代、それほど親しいわけでもなかった同期から、結婚式のお呼びがかかって驚いたことがありました。ただ、その同期、一度結婚をしていると思ったので何でかなと思えば、いわゆる成田離婚をしてしまい、その後長く一人で頑張ったそうですが、勤務先の知り合いからの勧めがあり、再婚をすることになったというのです。

そうした経緯があって、最初の結婚式に呼ばなかった同期を、枯れ木も山の賑わいとして、呼び集めている状態でしたから、正直いい感じはしませんでした。

しかし、そんなことよりこちらとしては結婚式に呼ばれることなど夢にも思っていませんでしたので、当然準備など何もしていません。真っ先困ったのは、祝儀です。

いくら包もうか迷いましたが、力のある男でもあり、こちらとしては学生時代から頭が上がらなかった面もありましたので、5万包むことにしました。問題は、いろいろ物入りが重なり、余裕がないことです。

しかも式は同期の郷里で行われましたので、旅費の手配も要ります。なんだかんだで10万くらいは必要でした。それで初めてキャッシングの申し込みをしました。

利用したのは、街頭で配られていたティッシュが机の上に残っていた、アイフルでした。

初めてのことで不安でしたが、健康保険証の番号を聞かれただけで、すぐ融資可能といわれ、その日のうちに10万円が口座に振り込まれました。

おかげでその同期とはその後良好な関係が保てています。祝儀を5万に弾んだのが功を奏したようです。アイフルに返した金利以上の効果を生みました。

レイクALSAでは初めての契約者を対象に一定期間金利ゼロで借入ができる無利息キャッシングキャッシングサービスを行っています。同サービスの詳細を確認していきましょう。

対象となるのは同社の利用が初めてであり、無利息期間は初回契約日翌日から適用開始となります。気になる無利息期間については、

①5万円までの借り入れが180日間

②金額に関係なく30日間(2018年9月3日から2018年11月30日の間に契約するとキャンペーンが適用され60日間無利息になる)

のいずれかから選ぶことができます。

どちらの無利息期間を選んだほうがお得になるのかについて早見表がレイクALSAの公式サイトに掲載されているので利用する際に参考にすると良いでしょう。

プロミスやアコムなど、大手消費者金融でのキャッシングのメリットの一つが、30日間の無利息サービスです。お給料日前のピンチをしのぐ場合など、すぐに返済できるメドが立っている場合は、利息ゼロで借りることができます。

初めてのキャッシングで無利息サービスを利用する場合によくある勘違いが、30日間無利息=30日間返済不要、という思い込みです。

キャッシングでは、借り入れか3週間程度で初回の返済日がやってきます。30日以内に全額返済する予定でも、初回返済日には最低返済金額を入金する必要があります。消費者金融の会員サービスやアプリでは、返済日をメールでお知らせしてくれるサービスがあるので、忘れることのないように設定しておくとよいでしょう。

プロミスやアコムをはじめとするカードローンでは、初回に限り30日間など無利息期間を設けている企業が多くみられます。これはもちろんそのカードローンを利用しやすくなるというメリットがあるのですが、実は若干その内容に違いがあります。

期間自体が短いものもありますし、○万円までという具合に無利息での融資には限度額が設けられているものもあります。これらはわりと契約時にはっきりと記載されていますし大切なことなのでわかると思いますが、一点とてもわかりづらい注意ポイントがあります。

それは無利息期間が開始されるタイミングに関してです。プロミスやジャパネット銀行ですと、借入日から数えて30日間なのですが他のカードローンでは契約日から数えるところがほとんどです。契約して10日後に借りて30日してから返済しようと思ったら利息がついていたということにならないように、借入の際は十分確認する必要があります。