コンテンツへスキップ

初めてのキャッシングだと不安になるのが審査です。キャッシングの審査ではその人に返済能力があるのかどうかを確認します。

まずは信用情報を調べて、今までに返済事故がなかったか、借金があるのかどうかを調べます。キャッシングは年収の1/3までの額しか借りることができませんので、多少借金があっても返済を延滞していないのなら、必要以上に不安になることもありません。キャッシングの申込みの時に現在の借金について記入する欄がありますが、嘘を書いてもすぐにバレてしまいますので正直に書く必要があります。

そして、返済能力の有無を確認するために勤務先への在籍確認が行われます。これはその人が本当にその勤務先に勤めているのかどうか、金融機関名などは伏せて電話で確認を取ります。はっきりとキャッシングのことを勤務先へ告げるようなことはありませんので、それほど心配することはありません。

クレジットカードの作成などでも同様の在籍確認を取りますので、あまり気にすることもありません。ですが絶対にバレたくないのなら、自分の勤務時間内にキャッシングの申込みをしておいて「自分宛に電話がかかってきますから」と社内の人に告げて、在籍確認の電話が来るまでは全て自分が電話を受けるという方法もあります。

消費者金融の審査が不安でしたが、問題なく通過することができました。当然ですが審査基準は明らかにされていないので、ドキドキしました。しかし過去に金融機関に借り入れの申し込みをしたことがない、金融事故を起こしていないといったことが評価され通過することができたのかなと自己分析しています。

今日日たくさんの消費者金融があるのでどこに申し込みをするかは、重要だと思います。私はインターネットを利用して、審査通過率が高い消費者金融を調べました。新規で契約をしている人が多いところは、それだけたくさんの人が審査を通過していると考えたからです。

銀行のカードローンを利用すると言った方法もありますが、消費者金融の方が審査に通過しやすいと聞いたのでこちらを選んで正解だったと思いました。

総量規制は改正貸金業法に定められた、貸出規制ですから法律的には貸金業者に適用され、銀行法が適用される銀行カードローンは総量規制対象外となっています。しかし、銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化してからは、すべての銀行で自主規制が導入されていますから、事実上は銀行カードローンにも総量規制とほぼ同じ規制がかけられているといえます。つまり、すべてのお金の金融業者から借りるということになれば、総量規制の対象になっているのと同じなのです。

このことは多重債務者や収入が低い人は金融業者から総量規制の規制金額以上のお金を借りることは難しくなることを意味しており、別のお金の調達法を考えなければならないということなのです。

消費者金融のカードローンに申し込みをすると、融資に関する審査が行われます。本人確認や職業など様々な事柄を確認されますが、カードローン会社にとって最も重要なのは収入の有無です。

一般的には利用限度額が50万円以下の場合には、収入証明書の提出は必要ありません。極端な話ではありますが、虚偽の申告をしても審査は通る可能性はありますが、のちのち自分自身の首を絞める結果になりかねないので注意が必要です。ただ、在籍確認は必ず行われるので、無職で審査を通過することは不可能です。

カードローン会社は、収入さえあれば他の事項にはあまり興味を示しません。そのため、身分や雇用形態は審査の段階では重要ではないので、学生であったりアルバイトであっても審査に通過する可能性は十分にあります。

身内の方や友人、知人などにお金を借りる場合を除いて避けて通れないものとして借入審査があります。もしも、この借入審査に通らなかったというときには当然のことながらお金を借りることはできません。特に金融機関の借入審査というものはとても厳しく、アルバイトやパートといった働き方をしている人の場合、収入が安定していないと判断されてしまうケースも多く、借入審査に落とされてしまうことも珍しくはありません。

ですが、消費者金融のキャッシングならばアルバイトやパートといった働き方をしている人でも安心です。アルバイトやパートでの収入が安定しているのであれば消費者金融のキャッシングでは借入審査に通過することができるからです。

お金が急に必要になってしまうことってありますよね。

そんなとき、キャッシングの広告が目につくこともありますし調べてみるとそれしか方法がないのかなってなりますよね。

でもキャッシングには審査があります。通らないと、借りることはできません。

私大丈夫だろうか?と心配になったりすると思います。

審査は一般的に、仕事をしているかどうか、どういう仕事をしているか、年収はいくらかっていうのが問題だと思います。

今時、主婦やアルバイトでも借りられるところもあるので、ただの無職っていうわけでなければ収入が低くても大丈夫かと思います。

店舗にいくか、ネットからでも審査してもらうことができます。即日で借りられるというところも多いですよ。

会社に本人確認をする目的で業者から電話がかかって来ることがあります。銀行でキャッシングの契約を結ぼうとしていた時は電話で銀行ですと名乗り、消費者金融の場合は個人名を使うことが多いです。不安を感じるのは銀行ですが、こちらの方は個人名で名乗ってほしいと伝えておけばその通りに行動してもらえます。

電話は個人の何かを知るような感じではなく、世間話をするかのような雰囲気で進みます。そして、書類通りに会社に在籍していることを業者が知れば、すぐに電話を切る仕組みです。

業者が会社へ電話を入れる時は、利用者が困るようなことはしません。お金を借りた側が働きにくい状況になっては困るからです。そのため、なるべく利用者に負担がかからないようにしてくれるので、本人確認が行われたとしても身構える必要はありません。

会社に行った時は、社員か上司などから電話があったことを教えてくれる程度で済みます。

例外的な方法ですが、本人確認をしない金融会社を探すというやり方があります。ネット上で在籍確認なしで検索するといくつか出てくるので、それらの会社と契約すれば回避することが可能です。契約は普通に書類へ記入して、自身だと証明する健康保険証やパスポート、収入を得ていたことを示す所得証明書などを提示すれば大丈夫です。

すぐにお金が必要なのに手持ちも口座残高も足りない、そんな時に頼りになるのが消費者金融業者が提供しているキャッシングサービスです。キャッシングを利用すれば、必要な現金をすぐに借りることが可能です。面倒な手続きや書類申請などは必要なく、ネットを利用して簡単な必要事項を記入すれば、申し込んだその日に即日で現金を融資してもらうことが可能な大変便利なサービスです。

キャッシングの利用時には利用資格に関する審査が行われますが、定期収入があって過去に金融に関するトラブルを起こした経験や、他者からの借り入れが無い方であればほとんど審査を通過できます。利用資格審査に問題のない方であれば、審査にかかる時間は20分程度なので非常にすぴーせぃーに手続きを行うことが可能です。

定期収入さえあれば返済能力が認められるので、正社員以外の方も利用可能です。派遣社員やパート・アルバイトととして働いている方でも問題なく利用ができます。

注意しなければいけないのが過去に金融事故を起こした経験のある方、いわゆるブラックリストに名前が載っている方です。ブラックリストに名前が記載されている場合、数年間の間は新たに借り入れを利用することはできません。情報は共有されているため、他社のキャッシングを利用しようとしても審査で落とされてしまいます。

消費者金融の審査は銀行カードローンより可決率が高いと言われているので誰でも利用しやすいというイメージがあります。しかし消費者金融は利用条件があるので誰でも審査が可決されるわけではありません。そこで消費者金融の審査が落ちないようにするために準備するポイントを確認していきましょう。

・月々に一定の収入を得ておく

消費者金融は安定した収入を得ているという利用条件があるので審査の時に月々に一定の収入を得ているかどうかを確認します。月々に一定の収入を得ていれば収入が安定していて返済能力があると判断されるので審査が可決されます。しかし月々の収入が不安定だと返済能力に疑問が出てきてしまうので申し込む前に月々に一定の収入を得ておく準備が必要になってきます。

・他社からの借入件数を0件にしておく

消費者金融は他社からの借入件数が3件以下ならも申込可能になっている業者が多いですが、審査が不利になってしまう事が多いのでなるべく他社からの借入件数を0件にしておく方がいいです。特に収入が少ない人は総量規制に接触してしまい審査が落ちてしまう可能性もあるので注意しましょう。

消費者金融の審査が落ちないようにするために準備するポイントはこのようにあるので申し込む前にしっかり頭に入れておきましょう。