コンテンツへスキップ

キャッシングの契約時の本人確認で行われている事と回避する方法

会社に本人確認をする目的で業者から電話がかかって来ることがあります。銀行でキャッシングの契約を結ぼうとしていた時は電話で銀行ですと名乗り、消費者金融の場合は個人名を使うことが多いです。不安を感じるのは銀行ですが、こちらの方は個人名で名乗ってほしいと伝えておけばその通りに行動してもらえます。

電話は個人の何かを知るような感じではなく、世間話をするかのような雰囲気で進みます。そして、書類通りに会社に在籍していることを業者が知れば、すぐに電話を切る仕組みです。

業者が会社へ電話を入れる時は、利用者が困るようなことはしません。お金を借りた側が働きにくい状況になっては困るからです。そのため、なるべく利用者に負担がかからないようにしてくれるので、本人確認が行われたとしても身構える必要はありません。

会社に行った時は、社員か上司などから電話があったことを教えてくれる程度で済みます。

例外的な方法ですが、本人確認をしない金融会社を探すというやり方があります。ネット上で在籍確認なしで検索するといくつか出てくるので、それらの会社と契約すれば回避することが可能です。契約は普通に書類へ記入して、自身だと証明する健康保険証やパスポート、収入を得ていたことを示す所得証明書などを提示すれば大丈夫です。