コンテンツへスキップ

キャッシングの審査でチェックされること

消費者金融や銀行でカードローンなどのキャッシングを申し込むと必ず審査が行われます。これは、申し込んだ人は本当にお金を貸しても大丈夫な人であるかという確認をするものです。キャッシングの審査では他の金融機関での借り入れで返済が遅れたりしていないかをチェックします。

他の借り入れで返済が遅れがちだとお金を貸しても返済をしないかもしれないという判断をされるため、審査において不利なります。

また、他の金融機関での借り入れ総額も確認します。すでに大きな金額の借り入れをしていると返済をする余裕がない、または借金を借金で返そうとしているのではないかという判断をされるため、審査に通らない確率が高くなります。借り入れ総額の確認をするときは自動車や住宅のローンは対象にならない場合が多いです。

対象となるのはキャッシングでの借り入れ金額です。消費者金融と銀行が運営しているキャッシングを比較すると若干銀行のキャッシングの方が審査基準が厳しめです。審査が厳しい反面銀行のキャッシングは金利の設定が低めで大きな金額の借り入れをしても利息での返済額の増加が、消費者金融と比べると小さいというメリットがあります。

逆に消費者金融は審査の基準は緩めですが金利の設定が銀行よりも高めになっています。