コンテンツへスキップ

キャッシングで祝儀を弾んでおけば金利以上の効果を生む

学生時代、それほど親しいわけでもなかった同期から、結婚式のお呼びがかかって驚いたことがありました。ただ、その同期、一度結婚をしていると思ったので何でかなと思えば、いわゆる成田離婚をしてしまい、その後長く一人で頑張ったそうですが、勤務先の知り合いからの勧めがあり、再婚をすることになったというのです。

そうした経緯があって、最初の結婚式に呼ばなかった同期を、枯れ木も山の賑わいとして、呼び集めている状態でしたから、正直いい感じはしませんでした。

しかし、そんなことよりこちらとしては結婚式に呼ばれることなど夢にも思っていませんでしたので、当然準備など何もしていません。真っ先困ったのは、祝儀です。

いくら包もうか迷いましたが、力のある男でもあり、こちらとしては学生時代から頭が上がらなかった面もありましたので、5万包むことにしました。問題は、いろいろ物入りが重なり、余裕がないことです。

しかも式は同期の郷里で行われましたので、旅費の手配も要ります。なんだかんだで10万くらいは必要でした。それで初めてキャッシングの申し込みをしました。

利用したのは、街頭で配られていたティッシュが机の上に残っていた、アイフルでした。

初めてのことで不安でしたが、健康保険証の番号を聞かれただけで、すぐ融資可能といわれ、その日のうちに10万円が口座に振り込まれました。

おかげでその同期とはその後良好な関係が保てています。祝儀を5万に弾んだのが功を奏したようです。アイフルに返した金利以上の効果を生みました。