コンテンツへスキップ

消費者金融の審査で重要視されるのは収入の有無です。

消費者金融のカードローンに申し込みをすると、融資に関する審査が行われます。本人確認や職業など様々な事柄を確認されますが、カードローン会社にとって最も重要なのは収入の有無です。

一般的には利用限度額が50万円以下の場合には、収入証明書の提出は必要ありません。極端な話ではありますが、虚偽の申告をしても審査は通る可能性はありますが、のちのち自分自身の首を絞める結果になりかねないので注意が必要です。ただ、在籍確認は必ず行われるので、無職で審査を通過することは不可能です。

カードローン会社は、収入さえあれば他の事項にはあまり興味を示しません。そのため、身分や雇用形態は審査の段階では重要ではないので、学生であったりアルバイトであっても審査に通過する可能性は十分にあります。