コンテンツへスキップ

すべてのキャッシングは総量規制の対象となっている

総量規制は改正貸金業法に定められた、貸出規制ですから法律的には貸金業者に適用され、銀行法が適用される銀行カードローンは総量規制対象外となっています。しかし、銀行カードローンの過剰融資問題が社会問題化してからは、すべての銀行で自主規制が導入されていますから、事実上は銀行カードローンにも総量規制とほぼ同じ規制がかけられているといえます。つまり、すべてのお金の金融業者から借りるということになれば、総量規制の対象になっているのと同じなのです。

このことは多重債務者や収入が低い人は金融業者から総量規制の規制金額以上のお金を借りることは難しくなることを意味しており、別のお金の調達法を考えなければならないということなのです。